プロペシア

プロペシアで男性不妊!?【精子・精液に影響する】とか怖すぎる

内服するタイプの育毛剤として有名なプロペシアは、脱毛の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成をおさえ脱毛を防ぐAGA(男性型脱毛症)治療薬です。

世界的に60か国以上で使われているフィナステリドという医薬品が有効成分として使われているので、安全性が高いとも言われています。

しかしその一方で、性機能に障害をもたらすこともよく知られています。

子どもが欲しいと思っている方にとって、性機能の面で副作用が現れるのは、大きな問題です。

今回はプロペシアの副作用について詳しくみていきましょう。

プロペシアで精子が減少する

プロペシアの副作用で起こる性機能障害では、性欲の減退や勃起不全といった症状が起こるほか、精子の数を減らしてしまうと言われています。

子どもが欲しいと思っている男性にとっては大きな問題でしょう。

アメリカの生殖医学会の雑誌「Fertility and Aterility」では2013年11月に、プロペシアの成分であるフィナステリドを平均5年にわたって服用していた男性27人を対象にした調査結果をまとめた論文が発表されました。
参考元:https://www.fertstert.org

このときの調査では男性は平均して1日に1.04㎎のフィナステリドを摂取しています。

プロペシアに含まれるフィナステリドは1㎎なので、ほぼ同じ量です。

この調査では摂取している最中の精子の数と、摂取をやめたあとの精子の数がどう変わるかというデータがとられました。

結果としてわかったのは、摂取をやめた後では摂取中と比べて精子の数が平均で11.6倍も増えたということです。

ちなみに摂取をやめた後に精子が減ったというデータはなく、また、精子の形や運動能力には変化は見られませんでした。

つまりフィナステリドを摂取すると精子の数が減ってしまうのです。

このことから子どもが欲しいと思っている男性や不妊治療をしている男性は、フィナステリドが含まれるプロペシアを服用しないほうが良いということがわかります。

調査で摂取されていたフィナステリドとプロペシアに含まれるフィナステリドの量はほぼ同じなので、普通にプロペシアを服用しているだけで精子が大幅に減ってしまいます。

現在プロペシアを愛用している方は、すでに精子が少なくなってしまっているかもしれません。

プロペシアはよく考えて摂取する必要があります。

ちなみにプロペシアを摂取していると一ヶ月は献血ができません。このことも、プロペシアの影響がいかに強いかを示しています。

子どもが欲しいなら今すぐプロペシアをやめるべし

調査では服用をやめれば11.6倍も精子の数が増えました。

プロペシア服用中でも妊娠に大きく影響する精子の運動能力には影響がなかったので、この点では安心です。

このことから妊娠を望んでいる場合は一時的にプロペシアの服用をやめれば、良いことがわかります。

なお、プロペシアのフィナステリド成分は血液中に1ヶ月ほど滞在すると言われているので、子作りをする一ヶ月前には服用をやめておいたほうが安心です。

一時的に服用をやめれば良いとはいえ、精子の数を減らすという副作用は男性にとってかなりショッキングなことです。

もしプロペシアの服用をやめても精子の数が元に戻らなかったらと思うと、安心して服用できなくなってしまいます。

このことに関して、男性不妊を専門とする医師の小堀善友氏は次のように注意喚起しています。

「アメリカではフィナステリドが前立腺肥大症とAGAの両方の治療薬として承認されているのに、男性不妊への影響には全く広報していない」

実際に小堀善友氏が診療する際も、フィナステリドを使っていて精子に問題がある人には服用中止を求めているそうです。

先に紹介した論文では、あくまで「平均」した結果が述べられているだけで、全員が精子の数が改善したとは書かれていません。

中には精子の数が減ったままの人もいたかもしれません。

こう考えると、プロペシアをやめても精子の数が減少するリスクは避けられないかもしれません。

勃起不全は治らない可能性も

カナダではプロペシアの副作用で性的に不能になり回復しなかった約500人もの人が「事前に告知がなかった」として製造元のメルク社を訴えたという事例があります。

ヨーロッパ向けのものには2008年から「持続的に勃起不全になる」といった注意書きがあったのですが、カナダ向けのものには明記されていなかったのです。

実際に訴え出たカナダ人も「勃起不能になるぐらいなら毛が一本もない方がましだ」と悲痛なコメントをしていたそうです。

プロペシアを使うと精子の数が減少するだけでなく、勃起不全になる可能性があります。

このことも頭に入れてから、使用するかどうか検討してみてください。

服用をやめても性機能障害が改善しないこともある

フィナステリドは服用をやめると副作用が改善されるというのがこれまでの定説でした。

しかし副作用から回復しなかったケースも多数あることがわかりました。

これはポストフィナステリド症候群と呼ばれ、海外では本格的に研究が始まっています。

性欲減退、勃起機能不全、射精障害といった性機能障害のほかに、抑うつなどの精神障害を引き起こす可能性もあるそうです。

フィナステリドの摂取をやめてから3年以上たった健康な男性71人に対するインタビュー形式の調査結果によると、次のような回答が得られたそうです。

  1. 94%に性欲低下
  2. 92%で勃起不全・性的興奮の低下
  3. 69%でオーガズム異常を感じている

こちらは正確な研究成果ではありませんが、非常に高い数値なのであながち無視することもできません。

こういった流れを組んで、今では日本国内で販売されるプロペシアにも「投与中止後も(勃起不全などが)持続したとの報告がある」との記載が追加されています。

プロペシア以外の育毛剤を検討してみる

効果の高い育毛剤として知られているプロペシアですが、性機能に対する副作用があることは間違いありません。

具体的には性欲減退、勃起不全、射精障害、精子の減少、精子の濃度低下、睾丸痛などです。

いずれも性行為そのものが不可能になりかねない症状ばかりなので、妊娠を望んでいるときには使わないほうが良いでしょう。

しかしここまで育毛に取り組んできた方なら、プロペシアの使用をやめてしまうことに戸惑ってしまうかもしれません。

そんなときは、副作用のない育毛剤に切り替えることをおすすめします。

そもそもフィナステリドはDHTを減らすことで抜け毛を抑えるものです。

抜け毛は男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きでジヒドロテストステロン(DHT)に変換されて起こるものなので、同じように5αリダクターゼを抑える育毛剤であれば、代替品になります。

安心して育毛ならノコギリヤシがおすすめ

ノコギリヤシはフィナステリドと似た作用を持ち、抜け毛を防ぐ効果と育毛効果を持っています。

AGAの男性100人を二つに分け、ひとつのグループにはノコギリヤシ320㎎、もうひとつのグループには1mgのフィナステリドをそれぞれ2年間摂取してもらう実験がありました。

この実験では2年後、ノコギリヤシを摂取したグループのうち38%の人、フィナステリドグループでは68%の人が薄毛を改善することができたという結果が出ました。

フィナステリドのほうが確かな効果が出ていますが、ノコギリヤシにも効果が期待できることがわかります。

ノコギリヤシは天然成分で、フィナステリドは医薬品なので効果に差があるのは当然です。

しかし医薬品と比べてもそこそこの効果が出たという点は、注目すべきポイントです。

なお、ノコギリヤシでは頭頂部、フィナステリドでは頭頂部と頭前部両方に効果が現れるという違いもありました。

生え際やM字部分はDHTの元になる男性ホルモンや5αリダクターゼの分泌が多いため、フィナステリドのほうが効果を発揮したことも納得です。

前頭部が心配な人は、ノコギリヤシ以外の育毛剤を使ったほうがいいかもしれません。

おすすめの内服育毛剤はイクオスサプリEX

そんなノコギリヤシの成分がたっぷり含まれているほか、亜鉛やイチョウ葉エキスなどさまざまな成分が配合されているのがイクオスサプリEXです。

イクオスサプリEXができるまでは、ノコギリヤシがたっぷり含まれたサプリといえばボストンだったのですが、イクオスサプリEXにはボストンと同量のノコギリヤシが含まれています。

さらにイクオスサプリEXに含まれる亜鉛の量はボストンの3倍、大豆抽出物は5倍、ミレットエキスは30倍と、圧倒的な成分の差があります。

育毛、抜け毛防止に必要な基本的な成分はイクオスサプリEXですべてまかなうことができます。

しかもイクオスサプリEXは定期コースで購入すればかなり安くなりますし、同じ会社から外用の育毛剤・イクオスも販売されています。

育毛剤のイクオスとサプリのイクオスサプリEXを使えば、内からも外からも薄毛にアプローチすることができるのでおすすめです。

そして一番嬉しいのが、イクオスサプリEXは天然成分でできているので副作用の心配がないこと。

プロペシアのように性機能障害が起こる可能性はほぼありません。

「子どもが欲しいけれど育毛も続けたい」という方は、プロペシアをやめてイクオスサプリEXを使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

プロペシアの有効成分であるフィナステリドを使っていると、精子の数を減少させたり性機能不全を起こす可能性があります。

服用をやめれば元に戻るとも言われますが、必ずしも回復するわけではないようなので妊娠を望んでいる方は使用をやめたほうがよいでしょう。

プロペシアをやめることに抵抗がある方は、副作用のないサプリメントに切り替えてください。

子どもか髪か、などという究極の選択をする必要はありません。

ABOUT ME
カミイチ
カミイチ
この育毛剤で起死回生の大逆転(気味)なので、それの情報ブログを立ち上げました。サイト作りが趣味で他にもブログを書いています(^^) 大逆転(気味)の経緯は↓↓↓で詳しく書いています。