イクオス

イクオスは30代の薄毛に効果あり?原因はAGA(男性型脱毛症)以外にも

30代になると、そろそろ薄毛に悩んでいる人が増えてきます。

30代の薄毛の特徴としては、多くはAGA(男性型脱毛症)が原因であるものの、血行不良によって症状が悪化し始めるということです。

イクオスはAGAと血行不良という2つの原因に対応できる育毛剤なのでしょうか。

薄毛のメカニズムについての説明を交えながら、調べてみましょう。

30代の薄毛の原因はAGAと血行悪化!

リーブ21の調査によると、30代は4割が薄毛の悩みを抱えており、薄毛は決して珍しいものではありません。

出典元:リーブ21

上にも書きましたが、30代の薄毛の原因はAGAと血行悪化です。では、なぜこれらが薄毛につながってしまうのでしょうか。

AGAはDHTが原因で起きる

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)という物質によって脱毛因子が作られ、ヘアサイクルが乱れてしまうことが原因で起きる脱毛症です。

DHTは男性ホルモンから作られる物質で、性器の成長を促したり、体毛を濃くしてくれたりする働きがあります。

同時に、TGF(トランスフォーミング増殖因子)の一種であるTGF-βや、FGF(線維芽細胞増殖因子)の一種であるFGF-5といった脱毛因子を生成する働きも持っています。

この2つの因子の働きによって、髪の毛の寿命が4~6年から1年程度に短縮されます。


出典元:花王

早めに髪の毛が抜けたところはまだ次の準備ができていないので、髪の毛が生えるまでに時間がかかります。

そうこうしているうちに他の髪の毛も抜け、気がついたら薄毛になっているというわけです。

血行悪化で毛根の栄養が減る

髪の毛の成長において重要なのが、頭皮の血行です。

悪化すると毛根に十分な栄養が行き届かなくなり、髪の毛の成長力がダウンして、さらに髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。

頭皮の血行が悪くなる原因としては、生活習慣病とストレスの2つが考えられます。

生活習慣病のうち、動脈硬化は血管内部が狭くなることで血行不良が起こります。糖尿病は血糖値の高い血液によって血管が痛めつけられた結果、血行が悪くなってしまうのです。

早い人だと30代から生活習慣病の症状が出始めるので、注意が必要です。

ストレスについては、自律神経のうち交感神経が鍵を握っています。ストレスを受けると交感神経の働きが活発になりますが、交感神経は末梢血管を収縮させる働きを持っています。

これが頭皮の血行悪化につながり、薄毛を促進させる可能性があるのです。30代といえば仕事の責任が増え、ストレスも増大する時期なので注意してください。

イクオスなら両方の原因に対策可能!

では、イクオスはこの2つの原因に対応できるのでしょうか。

公式サイトを見ると、イクオスにはこの2つの原因に対応することを狙いとした成分が配合されており、両方について効果を発揮してくれることが期待できます。

AGAの進行抑制が期待できる成分

AGA対策はまず、DHTの生成を抑えることが必要です。医療機関のAGA治療で、DHT生成阻害剤であるプロペシアの処方が最優先となっているのは、このためです。

DHTの生成を防ぐためには、5α-リダクターゼという酵素の働きを抑える必要があります。

イクオスにはこの酵素を抑えることを目的とした成分としてオウゴンエキス、ダイズエキス、ビワ葉エキス、クララエキス、ヒオウギ抽出液の5種類が配合されています。

ただ、上記の成分でDHTの生成を完全に抑えることは不可能なので、脱毛因子への対策も必要です。

イクオスはこの脱毛因子を抑えることを狙った成分としてクワエキス、シャクヤクエキス、セイヨウキズタエキス、ゴボウエキス、ローマカミツレエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ボタンエキスの8種類が入っています。

これらの成分が効果を発揮すれば、DHTや脱毛因子の生成を抑え、AGAの進行を抑制してくれる可能性があるのです。

血行促進効果が期待できる成分

イクオスにはDHT生成抑制を目的とした成分だけでなく、血行促進を狙いとした成分も配合されています。

具体的にはこの9種類です。

  • ニンニクエキス
  • センブリエキス
  • ジオウエキス
  • シラカバエキス
  • ドクダミエキス
  • 天然ビタミンE
  • オランダカラシエキス
  • ニンジンエキス
  • マツエキス

実は医療機関で使用されているミノキシジルも血行促進を目的とした薬なのです。

頭皮に塗ることで毛細血管を拡張し、より多くの血液が流れるようにすることで毛根に栄養を与え、髪の毛の成長を促す効果があります。

イクオスの血行促進成分は、このミノキシジルと似た働きを持っていると言えます。

ただ、効果がミノキシジルに比べて穏やかな代わりに、ミノキシジルのような副作用がないというメリットがあります。

これらの成分が狙い通りの働きを発揮すれば、薄毛の2つの原因に対処することができるというわけです。

どうせ買うなら安く!定期コースとは?


30代ともなれば家族を持っている人も増えているでしょうし、子供の教育などでお金が自由にならない人も多いのではないでしょうか。

そのような人におすすめしたいのが、イクオスを大幅な割引価格で購入することができる定期コースです。

公式サイトでのイクオスの単品価格は税・送料込みで1万328円ですが、定期コースだと6,458円とかなりお得な価格になるのです。

同ブランドのサプリメントとのセットならば、12,488円が7,538円です。

表の方がわかりやすいですね。

商品名 イクオス イクオスサプリEX イクオス+サプリ
単品価格 9,698円 7,538円 11,858円
定期コース価格 6,458円 4,730円 7,538円

しかも、この定期コースには数回購入しなければならないという縛りはなく、1回だけの購入で解約することも可能なのです。利用しない手はないでしょう。

ちなみに公式サイトで買わないと、全額返金保証制度が使えないなどのデメリットがあることが明記されています。

万が一、イクオスが体に合わなかったときに返金制度が使えないと困りますので、イクオスは必ず公式サイトで買うようにしましょう。

イクオスの公式販売サイトへ ⇒

薄毛が進行している人はAGAクリニックに相談を

ただ、イクオスも万能ではありません。そもそもイクオスは、AGAの予防・初期対策が目的の医薬部外品に指定されているのです。

医薬部外品は医薬品に比べると効果が緩やかな代わりに、医薬品のような強い副作用がないという商品なのです。

30代といっても後半になると、AGAがかなり進行しているケースも珍しくありません。

この場合、イクオスをはじめとする育毛剤だけでは効果が不十分になってしまうことも考えられます。

不幸にしてイクオスを使用しても十分な効果が出ないほどAGAが進行している場合には、AGAクリニックをはじめとする医療機関に行くのがおすすめです。

AGAクリニックおすすめは銀クリとヘアメディカル

おすすめは、銀座総合美容クリニックやヘアメディカルグループなど、人気のAGAクリニックです。

医療機関が処方するプロペシアやミノキシジルには副作用があり、特にプロペシアのED(勃起不全)や精子減少はAGA並に深刻な悩みとなりかねません。

AGA治療を受けるときに心配されるのがこの副作用ですが、人気のAGAクリニックは治療薬の副作用をどうやって防ぐか、副作用が起きたときにどのように対処するかについてのノウハウを豊富に持っているからです。

育毛剤が効果を発揮するまでには、半年が必要だとされています。

逆に言えば、半年を経過しても全くと言っていいほど効果が見られない場合には、育毛剤では力不足になっているほどAGAが進行している可能性があります。

AGAクリニックの多くは無料カウンセリングを行っていますので、受診したうえで実際に治療を受けるかどうかを検討してみた方がいいかもしれませんね。

まとめ~イクオスは30代の薄毛対策に期待大!~

イクオスは30代の薄毛の原因であるAGA、血行不良の両方の原因に対して効果が期待できる成分が配合されています。30代の薄毛対策向きの商品だと言えます。

医薬部外品なので、期待できるとすれば予防・初期対策で、進行したAGAには必ずしも向いていません。

もし購入するならば、割引価格で購入できる定期コースがおすすめですね。

イクオスの公式販売サイトへ ⇒

ABOUT ME
カミイチ
カミイチ
この育毛剤で起死回生の大逆転(気味)なので、それの情報ブログを立ち上げました。サイト作りが趣味で他にもブログを書いています(^^) 大逆転(気味)の経緯は↓↓↓で詳しく書いています。