イクオス

【若ハゲ撃退!】イクオスは10代20代におすすめできる育毛剤か!?

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンの分泌量が増え、体内のDHT(ジヒドロテストステロン)生成量が増えれば発症の可能性があります。

このため、10代や20代のAGAを発症することはあり得ますし、実際に20代での発症例もあります。

医療機関での若ハゲ治療にはさまざまな問題があり、可能なら副作用の少ない育毛剤や育毛サプリを利用したいところ・・・

イクオスは若ハゲに対して、どの程度の効果が期待できるのでしょうか。

若い人が使うことが多い「サクセス育毛トニック」との比較も交えながら調べてみました。

意外!若ハゲ対策には難題がいっぱい!

上にも書きましたが、AGAクリニックなどでの若ハゲ治療は難しい問題を抱えています。

10代のAGAにプロペシアやミノキシジルが使えません。

20代になると投薬治療が可能になりますが、ED(勃起不全)をはじめとするプロペシアの副作用が大きな問題となります。

10代はプロペシアもミノキシジルもダメ

なぜ10代にはプロペシアとミノキシジルが使えないのかというと、理由は簡単です。

添付書類に、処方してはいけないとはっきり書かれているからです。


出典元:http://database.japic.or.jp

プロペシアは「小児に対する適応はない」とも明記されています。成人以外には処方してはいけないということです。

次にリアップに含まれるミノキシジルですが、リアップの添付書類には「未成年者は使用しないでください」と書かれています。


出典元:https://www.mhlw.go.jp/

どちらも医療機関での処方はもちろん、購入することも不可能です。

このため、仮に薄毛の原因がAGAだとしても別の治療法が必要になってきます。

10代の薄毛対策で育毛剤がクローズアップされるのはこのためです。

20代はプロペシアの副作用がガクブル心配

では、プロペシアやミノキシジルが使える20代の問題は何でしょうか。それは、プロペシアの副作用であるEDや精子減少です。

プロペシアに性欲減退の副作用があることは、添付文書にもちゃんと書かれています。


出典元:http://database.japic.or.jp

EDになれば、若ハゲと同レベルの深刻な悩みとなってしまいかねません。ガクブルですね。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

また、20代はパートナーと一緒に妊活を行っている人も多いでしょう。

プロペシアによって精子が減ってしまうと、妊娠しにくくなりパートナーの足を引っ張ってしまいます。

このように、10代や20代のAGA治療は問題だらけ。だからこそ、育毛剤や育毛サプリがクローズアップされてくるのです。

イクオスなら若ハゲ予防・対策が期待できる

イクオスは育毛剤、サプリメントとも自然由来成分が中心で、基本的に副作用はありません。

若年層が使ってもEDなどを心配しなくていいのです。

ただ、イクオスサプリについては10代の使用は注意しなければならないようです。

育毛剤イクオスは高校生以上ならOK

まず、育毛剤については公式サイトのQ&Aコーナーに、小中学生が使用する場合には医師への相談が必要だと明記されています。

逆に言えば、高校生以上の使用については問題なしということになります。

上にも書きましたが、イクオスの育毛成分は基本的に自然由来のものです。このため、育毛成分による副作用は基本的に考えにくいのです。

ただ、育毛成分を抽出するために使用するエタノールによって、頭皮が炎症を起こす可能性はあります。

また、自然由来成分でもアレルギー症状の原因となる可能性はゼロではありません。

エタノールなどによって頭皮に問題が起きたときに備え、イクオスには全額返金保証制度が用意されています。

万が一のときにはこの制度を利用し、お金を無駄にしないようにできるのです。

イクオスサプリは20代なら問題なし

これに対してイクオスサプリEXのQ&Aコーナーには、未成年の使用は積極的におすすめできないと書かれています。

成長期にサプリを摂取することで、どのような影響が出るかは未知数だからです。

つまり、イクオスサプリは20代以上ならば使用することが可能だと言っていいでしょう。

イクオスサプリにはAGAの原因であるDHTの生成を抑える「ノコギリヤシ」が配合されています。

プロペシアに似た働きをするだけに、副作用が気になります。

これについては、アメリカで行われた臨床実験のデータが参考になります。

ノコギリヤシを半年間、1日当たり960mg摂取しても、副作用は出なかったのです。

イクオスサプリEXに含まれているノコギリヤシの量は、1日当たり300mgです。

プロペシアと違い、EDなどの副作用は心配しなくてもよさそうです。

イクオスの公式販売サイトへ ⇒

サクセス育毛トニックとどっちがいい?

イクオスの唯一と言っていいウイークポイントは、その価格です。

割引価格になる定期コースでも税込み価格が1本6,000円を超えるのですから、10代や20代には痛いところです。

このため、若年層にはサクセス育毛トニックのように、1本1,000円を切る価格で入手できる商品が人気になりやすいようです。

ただ、肝心のサクセス育毛トニックの中身はどうなのでしょうか。

サクセス育毛トニックはDHTを減らしてくれない

サクセス育毛トニックの有効成分はt-フラバノンです。

t-フラバノンはDHTによって生成される脱毛因子の働きを抑えるだけで、DHTそのものを減らすわけではありません。
参考元:https://www.kao.com

これに対してイクオスには、脱毛因子を抑える成分に加え、DHTの生成抑制が期待できる成分まで配合されています。

成分のバリエーションでは、イクオスが一枚も二枚も上手です。

サクセス育毛トニックは有効成分が少ない

有効成分の種類についても、サクセス育毛トニックは10種類ちょっとにすぎません。

イクオスの61種類と比べると、はるかに少ないのです。

薄毛はAGAだけではなく、栄養面やストレスなど複合的な要因によって起こります。

配合成分の種類が多い方が、さまざまな原因に対処できるため、薄毛への効果が期待できるのです。

つまり、成分数の多いイクオスの方が期待度は上ということになります。

サクセス育毛トニックは添加物入り

しかも、サクセス育毛トニックの成分表を見ると「BG」という表記があります。

これはブチレングリコールという防腐剤のことで、頭皮への影響が懸念されます。

付け加えると、頭皮への刺激となりうるエタノールも入っています。

イクオスはエタノール以外の添加物については、可能な限り排除しています。成分表から見る限り、イクオスの方が頭皮に優しそうですね。

まとめ(育毛剤は高校生、サプリは20代から)

イクオスは10代や20代の薄毛への効果が期待できる商品です。

サクセス育毛トニックと比較すると高いですが、値段だけのことはありそうです。

ただ、育毛剤は10代も20代もOKですが、サプリは20代以降推奨です。

その点だけは、しっかりと頭に入れておきましょう。

イクオスの公式販売サイトへ ⇒